ペンタスのプロ家庭教師

 

家庭教師授業一覧-このようなお悩みに pentasプロ家庭教師指導は向いています

 

■ 公立小学校

算数・国語・理科・社会の普段の学習
公立中進学の塾フォロー

【このようなご希望に向いています】

  • 親が教えるには難しくなってきた
  • 日本地図の暗記など、高学年になって
    宿題が増えてきて管理できない
  • 算数の単位換算、小数分数計算が苦手
  • 文章題や総合問題に力を入れたい

■ 中学受験

難関中学受験・中堅中学受験対策

【このようなご希望に向いています】

  • 最難関中学受験志望
  • 遅くから中学受験対策を始めた
  • 大学生家庭教師/個別指導塾では物足りない
  • 大手中学受験塾の内容についていけない
    (浜学園、希学園、日能研、能開、馬渕)
  • 塾の小テストやカリキュラムを管理してほしい
  • 科目を絞って指導してほしい

  など

■ 中高一貫指導

特に数理国の進度で公立中と差があります。
数学では公立中と異なる教科書(数研出版「体系数学」等)やシラバス展開。
これらの科目は中2後半~高校内容へ一気に進みます。
高校古典文法や数Ⅰ内容を中学で扱うことも。
日々の小テスト数に追われます。

【このようなご希望に向いています】

  • 日々の小テスト対策
  • 近くに個別指導塾がない
  • 遅い時間帯でも勉強したい
  • 私立中学の特長に合わせた指導が欲しい

■ 公立中学内容

連絡帳制度がなくなるため、スケジュール管理ができずに、宿題・提出物がおろそかになるお子様が増加。
学校により小テストや提出物の量が大きく異なります。
思春期のお子様にふさわしい声かけや指導を希望なさる保護者様に向いています。

【このようなご希望に向いています】

  • 基礎学力をつけ、内申点対策をしたい
  • 部活動と両立しながら毎日勉強してほしい
  • 気づいたらまったく勉強していない
  • 思春期の子どもの扱いに困っている
  • 定期テスト対策がきちんとできない

■ 高校受験

公立中の殆どは内申点は中2から算定。
とはいえ、小学校の基礎や中1基礎ができていない、教科書の語句が理解できない、まだまだ受験への意欲がわかない、というケースも多いもの。
中2ではまず、過去の苦手分野の洗い出し・基礎力の育成、定期テスト対策を。
中3では進路指導を交えつつ、暗記事項の徹底、長期休暇の徹底管理をしていきます。

【このようなご希望に向いています】

  • 塾で下位クラスに所属している
  • どこが苦手かわからない
  • 最難関を目指したいが方法がわからない
  • 私立中学の特長に合わせた指導が欲しい
  • 気持ちの浮き沈みが激しいので声かけに苦労している

■ 高校受験直前対策

中3秋にもなるとようやく子供たちの意欲にも火がつきます。
志望校が決まってきた時、後回しになってきた「苦手対策」「志望校対策」をしていないことにようやく気づくものです。

【このようなご希望に向いています】

  • 公立高校入試の国語
    条件作文や課題作文で何を書けばいいのかわからない
    正解がわからないので添削できない
  • 公立高校特色選抜
    総合力を問われる文章題、資料の読み取りのポイントが習える塾がない
  • 苦手な科目・内容だけを徹底的に伸ばしたい
  • 塾に行かない日に徹底して勉強したい
  • 面接のコツが知りたい

■ 高校内容

物理基礎、化学基礎、数ⅠA,ⅡB、
現代文、古典、漢文

■ 医歯学部小論文・面接対策

医学部歯学部受験の小論文対策は、文章構成力だけでは乗り切れません。
医療現場の実態、少子高齢化問題、生命倫理、時事問題などを総合的に理解し、持論展開できるような底力を養います。
推薦入試の面接、志望動機書類の書き方も指導します。

■ 大学受験対策

小論文対策、センター対策、
現代文評論対策、検定試験対策

【合格実績】

京都大、神戸大、早稲田大、同志社大
関西学院大学、大阪歯科大
  など多数

 

 

家庭教師授業

宿題管理用紙 宿題提出管理

自己管理は すべてのはじまり

syukudaikanri

週2回以上授業を行っていくうえで、
宿題管理用紙を作成しております。
各個人の学校行事スケジュール、性格
習い事にあわせ日々の宿題、課題を
計画的に進められるようにします。

 

この画像は中3生。

比較的自己管理ができ始めた生徒さんのもの。
宿題のなかでの問題間違いを
授業までに把握するため
勉強進度の徹底のため
メール添付やfaxにて
管理用紙の提出や宿題提出を課しています。

 

家庭教師授業

進路相談 受験指導 生活指導

授業のご契約をいただいている場合、
以下のようなご相談・指導は 授業前後・お電話・メール・LINE等にて
すべて無料でご対応させていただいております。
Second Opinion Service がこれらに相当します。

 

Q.テストの点数だけで判断していませんか?

A.定期的に通知表評価や模試結果、小テストを振り返り、
宿題内容の量や難易度に反映させています。

 

Q.とりあえず叱る、とりあえず褒める、ということはないですか?

A.見方は勿論、模試や定期テストでの偏差値や平均点の捉え方、
分布図の読み取り方、弱点の見つけ方等、
保護者様、生徒様へとひとつひとつ説明をいたします。

 弱点分析をする能力、データを読み取る能力は今後も大いに役立つ力です。
「ただ後悔する」「なんとなく満足する」だけに終わらせない姿勢を養います。
保護者様、生徒さま双方にお話します。

 

Q.学校の先生に聴きたいけれど、うまく質問できないときには?

A.三者懇談時期には、担任教諭への事前質問も打ち合わせし、
数少ない懇談の機会をより有益なものへと後押しいたします。

 

Q.うちの子、毎日だらだらとしていて困ってるんですが

A.日々のスケジュール管理がうまくいかず、
小テスト結果や定期テスト、提出物や持ち物忘れにつながることが多いもの。

 新入学者、低学年生、長期休暇中など、必要な時期にご指導させていただきます。

 例)連絡帳の書き方指導
 手帳での学校スケジュール管理指導
 学校⇔ご家庭での学年だより、学級だより、提出書類の管理・記入指導

 

▲  TO TOP